リリーこども&スポーツ専門学校

子どもたちの未来をひらく
スポーツ保育士の価値
スポーツトレーナーとしての教育理論
×
幼児教育における科学的理論

数々のトップアスリートを育てたテニス指導者
小浦 猛志先生
学校法人リリー文化学園 理事長
大久保 博之
大久保 博之

「教育とは愛である。教育とはアイデアである。」をモットーに、専門学校、幼稚園、保育園、スポーツクラブ、各種教室等の経営に手腕を振るう。

学力偏重に一石を投じるユニークな教育方針を打ち立て、日本の未来を担う子どもを育むべくリーダー教育を実践している。

小浦 猛志先生

テニス界において伊達公子選手や沢松順子・和子選手など数々のトップアスリートを育てた小浦猛志先生。フェドカップ代表監督(1997~2000、2003~2004)として日本女子テニス国別対抗チームを率いる。

元日本テニス協会常務理事兼同協会強化本部長を務める。

2017年11月旭日双光賞受賞。

リリー&こどもスポーツ専門学校で、新たにスポーツ保育士コースがスタートするのを記念して、テニス界のトップアスリートを育成してきた小浦猛志先生のスポーツトレーナーとしての教育理論と、大久保理事長の幼児教育における科学的理論の両面から、スポーツ保育士の意義について対談しました。

ゴールデンエイジで身体機能をしっかり育むことが、子どものポテンシャルを大きく伸ばす

小浦先生

スポーツでいうと、0~1歳は、一生使う身体の機能が確立される時期。2~3歳は、人との関わりや社会・生活の中で五感が発達する時期。その後に、“五感を使って五体を揺さぶる”、いわゆるゼネラルコーディネーションといわれる、身体をうまく動かすための機能性・基礎的な運動能力が培われる。その先に野球やテニスといった個性が出てくるんです。

ところが、例えばテニスだけを教えたら、上手くはなるが、14、5歳で伸び悩みが出てくる。その原因は何かというと、ほとんどのケースは基礎的な機能性が欠けているんです。

大久保

私たちの幼児教育も、ほとんど同じです。脳の一番奥の古い脳、いわゆる小脳など、身体を司る部分をしっかり育むことが大切なんです。いきなり英語のビデオを見せたりしても本末転倒。しっかり身体を鍛え、古い脳を鍛えた後に、人間的な知能を育てないと。

0~乳児期は身体や体幹をしっかりつくって、5~9歳で多くの体験活動を通して脳の器を大きくする。10歳以降は少しずつ自分の個性にあったものに特化していく。だから、小さい頃にハイハイとか、リリーでは全身を使う“トカゲ歩き”をさせるんですが、そうした身体づくり、その時期に育むべき能力が発達しないうちに次のステージに行ってしまうのは良くないわけです。

小浦先生

そうですね。五体を上手く動かせるだけの神経回路の構築はやっぱり必要だと思うんです。乳児期に四足歩行している間は動物と同じで身体全体が動く。ところが2足歩行になると、退化する部分が出てくる。これがスポーツでいえば脊柱筋や腸肋筋などが退化していってしまう。これは身体を支えたり、ひねったりする時に使う筋肉で、正常に左右にひねれなくなるんですよ。

子どもにテニスのフォアハンド、バックハンドを教えると、絶対に左右好きな方で打ってしまう。例えば左が主体になってしまうと、そちら側が太くなってしまって、15、6歳になったら使っていない反対側の改革ができなくなっている。13、4歳で成績が良くても、身体の機能性が悪いと、上にいけばいく程、大きな差として現れるわけで、そのままいったら15、6歳で終わり。

それが、ゴールデンエイジ期、その6歳くらいまでに、身体を動かす基本的な部分をしっかりやっておくと、かなり変わると思うんです。

ゴールデンエイジ期について
大久保

そこは就学前、つまり保育士の出番ですね、まさしく。

小浦先生

スポーツトレーナーが子どもを預かるよりも前の時期ですから、これは間違いなく保育士だなと。保育の現場を見せてもらった時にもいったように、いくらでもやるチャンスはあるなって思います。

大久保

現代社会で人より優位に立とう、いわゆる大企業に勤める、東大に入るとなると、どうしてもIQ系の理論数学的知能と言語的知能に特化することが求められてしまう。でも、そういう人たちでも、その中からさらに一歩抜けだそうとすると、やっぱり芸術的感性と体力がないとダメ。そういう基礎というのは、少年期くらいまでの多様な体験で、運動的知能、絵画的知能、空間的知能といったものをしっかり身につけておく必要がある。それは座学ではできないので。

小浦先生

9歳までのゴールデンエイジ1期・2期で、ゼネラルコーディネーションという、人間の身体を動かす機能に力を入れるべきなんです。日本では、身体機能を高めようというと、他のスポーツもやれとなる。サッカーをやったり、野球や水泳をやって、それからテニスをやれと。そうじゃないんですよ。もっともっとスポーツ生理学の部分の、肩甲骨の可動域とか、骨盤の使い方とか、いろいろなところを子どもの頃に落とし込むゼネラルコーディネーションが大切なんです。その後に、スペシャルコーディネーションという、テニスとか野球とか、特化したスポーツに入っていく。こういうことを、日本ではきちっと区別して教えていないんです。海外では、全部区別してやっていますよね。

大久保

やっぱり日本では根性論とかが先にきちゃって。

小浦先生

一番大切なところをおいといて、いきなりスペシャルコーディネーションのところだけパッと、運動力学などのバイオメカニクスでやる。ところがバイオメカニクスは、絶対にスポーツ生理学があってのバイオメカニクスなわけです。

だけど、これを「スポーツ保育士」がいて、ゼネラルコーディネーションに力を入れておけば、我々スポーツトレーナーがする手直しは、ものすごく少なくなるはずなんです。リリーは、人が成長する過程における、ものすごい経済的な部分を研究されている、実現されているのかなという気がします。

スポーツをする上で大切なのは、ゴールデンエイジ1期・2期の9歳までは、一つの競技だけに特化せず、人間の身体を動かす機能の強化に力を入れた方がよい。学力もスポーツ能力も9歳に分岐点があるのではないでしょうか。

現代の子どもたちの特徴とスポーツ教育の課題とは

小浦先生

例えば1964年(東京オリンピックの頃)の100mは10秒台。いまもそんなに変わらない訳ですよ。その頃は道具は粗末で靴もいい加減な靴を履いてて、インナーソールなんて売ってなかった。だけど、それで4時間、5時間練習しても支障がなかったんです。でも今の子は激しい動きで腰を痛めたとなると、必ずインナーソールが悪いとか、道具を使う。もちろん道具も大事だけど、例えば大谷翔平とかは、あまりにも足の機能性が高くて、一般の靴じゃ履けないから自分に合った靴を作るわけでしょ。でも、一般の選手は道具をサプリメントみたいに身体機能の補助として使おうとする。

これは、やっぱり僕らみたいに自然の中で遊んで育った人間と、今のアスファルトの上で育ってきた人間との差が出ているんじゃないかと。例えば錦織圭なんかは、島根のド田舎で育って、案外野性的な生活をしてきてるわけです。でも、そういう話はほとんどでてこない。なんでこいつは飛び抜けてきたのかっていうと、こんな環境でこんなことをやっていた、という話が大事なのに。

大久保理事長がいわれた教育も9歳までに、というのは学術的にもわかっていることですよね。でも、文科省や日本のスポーツ教育は、発達発育過程やコーディネーションのあれこれが全部わかっているのに、やっていない。私が今感じている一番の不満というか。

大久保

やっぱり指導する先生方の中で、自分の得意フィールドが命、という人がいっぱいいますからね。小さいうちに運動をやらせた方が、かえって頭がよくなりますよ。データ的には先取りの教育をしても、そんなに差はでない。それよりも、むしろ身体を使って五感をフルに使った方が、その先アスリートになるのか、理科系や文科系、アーティストになるのかは分かりませんけど、その基礎にはなると思います。

リリーは、あまりお勉強型の幼稚園・保育園ではありませんけど、スポーツや身体を動かす環境を整えたリリーの森幼稚園と、アートやコーラス、絵画、リトミックに力を入れたリリー幼稚園の2つのカラーがあります。本当はどちらもやるのが理想ですけど、やっぱり五感をフルに使うっていうのがミソで。実際に体験をしていくというのが幼児期に大事ですね。10歳を超えると、リリーでは創造性教育やリーダーシップ教育に移っていきますから、まあ、そこが一つの分かれ目です。本当に相手を思いやって、このチームをまとめようっていう気持ちは10歳ぐらいから育っていくというか。

小浦先生

コーチの教育が僕、多いんですけど、例えば初心者がテニスをおぼえる時、耳から説明を聞いても絶対に覚えないっていうことですよ。一番初めは、テニスをするのを見て、こんな感じかなって、知識なんか使おうと思っても使えない。だから子どもっていうのは、一番初めは自分の知恵を使ってやるんです。それで、なんとかできるようになった時に裏付けの知恵を知ると、次の新しい知恵が生まれてくる。

だから、今、大久保理事長がいわれたように、体験というのは、初期の知恵を育む場ですよね。それがだんだん言葉を学び、目や耳から入ってきた情報で自分のイメージをまとめて、「今度こうしよう」、というように持っていくのが次の知恵じゃないですか。自分がやっていたことが合っていたのか確認して、次はこうしよう、ああしようと、そんな感覚じゃないかなって思うんです。

大久保

リリーの幼稚園では、3歳くらいになると走る喜びとかスポーツゲームをやったりします。簡単なゲームで、1つのボールを追いかけて、ドッカンドッカンみんなで駆け回る。フォーメーションなんてできませんから、みんな団子になって1つのボールを追いかけまわすわけです。こういう時期を経て、年長さんにぐらいなると、「お前は俺の前な。俺はこっちに行くから」みたいな協力がはじまって、ひとりでにフォーメーションができ上ってくる。その時期に、小浦先生がおっしゃった「こういうのがいいんじゃない?」、「こういうことをやろう」といった知恵が入ってくる。初めからフォーメーションを教えることはできるけど、それではダメなんですよね。最初にドッカンドッカン駆け回っている経験があるからこそ、フォーメーションが生きてくるわけで。初めから教えることが、逆に発達を阻害するというのと同じですね。

日本のスポーツ教育は発達発育過程がわかっているのに何も実践されていないように思います。子どもたちの知恵を育むために、五感を刺激する様々な体験が欠かせません。その手助けができる先生が、これから求められてきます。

子どもたちを理解したコーチングの必要性

8月中旬公開予定!

子どもたちの能力を引き出すためのモチベーションの高め方

8月下旬公開予定!

高度な知識・技術に「感性」をプラスできる人がプロフェッショナルになれる

9月中旬公開予定!

スポーツ保育士コースページリンク スポーツ保育士コースページリンク